私がお金に困ったときの体験談です

私は65歳になったときに、アルバイトにつきました。

給料は最初は8万円~9万円でした。結構優雅に遊んでいました。ゴルフにパチンコ屋にも金を使っていました。

ゴルフは月に2回~3回ほど行っていました。パチンコも1週間に2~3回行っていました。

このまま続いていれば、何も苦労はしませんでした。そのうちアルバイト先が調子が悪くなり、そのあおりを食って、給料も減らされました。

給料は5万円くらいになってしまいました。その穴を埋めようと、パチンコにのめりこんでいきました。なかなか儲けるところまではいけませんでした。

だんだん負けが込んできて、ついにカードローンに手を出す始末。しかし10万円くらいは、アルバイト料と年金の小遣いで、返済はできました。

いったんは「0」にするのですが、また給料前になると、小遣いが足りなくなって、またカードローンの借入です。こんなことが数年続きました。

その後、アルバイト先が撤退して、さらに給料も少なくなりました。1万円くらいの減収です。

それでも、懲りずにまだパチンコ屋に通っていました。まあ飲めないので、唯一の道楽ですから仕方がないと、割り切っていました。

そのうち、歳でアルバイトも首になりました。さらに悪いことに、これも歳でカードローンも打ち切りになってしまいました。これには困りましたね。

その後、パチンコは1円パチンコに切り替えました。ゴルフもやめました。

今では年金でぼそぼそと過ごしています。

このページの先頭へ